2017年3月12日 (日)

オーディオ・ラインセレクターの製作

自作系アンプが一気に3台になってしまいました。こうなると瞬時に切り替えて聞き比べてみたくなります。そこでラインセレクターなるものを検索すると、有名メーカー品はあまりなく、ガレージメーカーから高級部品を使ったセレクターがありましたが、どれもお高い!ということで、今回のお題は「オーディオ・ラインセレクターの製作」です。
Sdscf0589_5 ラインセレクター用の穴あきケースなんて存在しないので、ケース加工用の工具が必要になります。コツコツと集めてきた工具の写真を公開します。最低限に必要なものは、
①ドリル(電動 or ハンドドリル)
②リーマー(3mmから16mm)
③ヤスリ
後は作業に応じて必要な都度ホームセンターで揃えてきました。
Simg_0163
使用パーツの備忘録
ケース:タカチ UC20-5-14DD (200mm×50mm×140mm)\2,732
ロータリースイッチ:uxcell 2P3T 2ポール3ポジション1デッキ(1段2回路3接点)\665×2
RCAジャック:金メッキ 絶縁ブッシュ付 12個 (6ペア) \968
線材:ダイエイ電線 20芯 (手持ち在庫)
ツマミ:手持ち品
RCAジャックの穴あけは慎重さと忍耐力が必要になります。3~6mmまでは段階的にドリルで開け、あとはひたすらリーマーで拡大していきます。1日1個づつで2週間かかりました。
Sdscf0597 入力ラインにはシールド線を使いたいところですが、今回は手抜きしてただの20芯より線です。良いロータリースイッチと線材が見つかったら取り替えましょうかね。
IN:入力3系統
OUT:AMP3系統
Sdscf0596 パネル表面が無地で寂しいのでインレタを入れました。(ダイソーで\108)
Sdscf0603 完成!
ロータリースイッチが固くて小さなツマミでは操作性が良くなかったので、30mm径ほどのツマミを調達してきました。ちょっとレトロっぽくて気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

LM3886パワーアンプ+CS4398DAC

性懲りもなく、某オクで中華アンプを探していて、タイトルの品を衝動的に落札してしまいました。今回はデジタルアンプではなく、LM3886という有名なICを使ったアナログアンプです。おまけにDACまで搭載していて、PCでの音楽再生用にピッタリ。
 
Sdscf0599いかにも中華アンプといったフロントパネルで、メーカー名、型番などは一切ありません。シンプルながら、USBとCDのインジケーターが印象的です。入力の切替スイッチはなく、自動で識別するようです。さっそく視聴するも、何か変です。聞きなれたCDで確認すると左右ステレオが逆です。なんてこったい。
Sdscf0598
さっそく中身を確認します。アナログアンプは発熱が心配ですが、驚くことにICチップは直接ケース底面に取り付けられていて、アルミケース全体で放熱する設計です。他のLM3886アンプも同様な設計なので、たぶん大丈夫なのでしょう。
Sdscf0177_2前オーナーの説明によるとRCAジャックを金メッキ化し、ボリュームを定評のある物に交換したとのこと。 ラインを辿っていくと、ボリューム~基板入力部の配線が逆でした。普通は赤色がRightですよね。
Sdscf0172
CS4398は10年以上も使われている枯れたチップで、安定した評価ですが、LM3886との組み合わせでどんな音になるか聞き込みが楽しみです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

TDA8950アンプの組み立て

完成基板を使ったお手軽デジタルアンプ製作の第2弾!
今回のターゲットはNFJさんのTDA8950搭載アンプです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nfj_2009/34591146.html
Nfj_h32
TDA8950で検索しても、あまり製作記事が出てこないのでLM3886ほどにはメジャーではないようですね。でもMAX170Wは、やはり魅力です。
この完成基板は、定格電圧AC±16~28Vのトロイダルトランスを推奨しており、それなりの電気知識を要求しています。
Transpa20mk2
でもって、ヤフオクで「トロイダルトランス」で検索し、二次電圧±26Vの物を探し出してきました。TASCAM業務用アンプ(PA-20MKⅡ)の抜き取り品とのことです。(\2,600)
Dscf0584
TDA8950基板はNFJ日替わり特価品(\1,980)
ケースは得意のヤフオクの中華製(\5,580)
トランス固定金具はNFJ製(\480)
その他パーツは手持ちのもの。
視聴結果
第一印象は「元気一杯」って感じ。ここで問題発生!室内にあるファンヒーターをONにすると「ブーン」というノイズが出るので、残念ながら春までお休みしてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

黒モグラ完成

Dscf0582_5なんと1年半ぶりのブログ更新です。
ヒョイと「黒モグラ」で検索したら、自分のブログ画像が出てきました。「部品調達編」で止まっていたので、キチンと完成写真をアップしておきます。
なかなかいい音で鳴っています。最近はオーディオの趣味が30年ぶりに復活してきているので、ぼちぼちアップしていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

ThinkPad X100e 熱暴走

SSDに換装したX100eなんだけど、YouTubeを見てると、しばらくしてフリーズする。Googleで調べると、先人がCPUグリスの再塗布で改善したとの報告があったので、さっそくマネしてみました。

Dscf0563例によって保守マニュアルに従ってバラします。普通のThinkPad と違って、ネジの本数が少ない。でもCPUに到達するまでは、全バラシしなければなりませんでした。

Dscf0565Dscf0566やっとマザーボードの取り出しに成功。初めての分解は試行錯誤ですが、結構楽しい。

CPUグリースは「銀入り」に塗り替えました。

結果:本体温度が体感でもわかるほど下がりました。連続動画再生は、やはり無理だけど、通常使用ならまだまだ使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

黒モグラ(部品調達編)

Dscf0562今更ながらの黒モグラの製作備忘録です。

きっかけは秋葉原のラブロスというお店でこの黒モグラ基板を見つけてしまったことが始まりで、コツコツと部品を集めてきました。

Dscf0559

黒モグラとは、元YAMAHAの音響技術者が作り上げたフライングモールというデジタルアンプのRolandへのOEM品です。「黒モグラ」で検索すると本当に大勢の先人がチャレンジされており、参考になります。

Dscf0552

基板サイズ:W156xD102xH32mm
ケース内寸:W175xD300xH55mm
ケース外寸:W190xD315xH65mm
今回は穴あけ加工済みのケースキットを利用しています。何より、ドリルやらリーマーなどの工具を揃える必要がないので楽チンです。
Dscf0555
昨今の端子類は派手ですね。見栄えも音の内というポリシーです。秋葉原の部品屋では一般的なものしか売っていないので、今回はヤフオクで良さげな物を調達しました。

Dscf0556

ボリュームは金田式DCアンプで有名なコスモス製です。うーん懐かしい。




Dscf0558

秋葉原のお店で購入したもの
線材:若松通商
ビス:ヒロセテクニカル
端子類:千石電商
実際に歩き回って探すのも結構楽しい。


購入部品リスト
・アンプモジュール:Roland 01-DA-R2 Digital AmpBoard             \5,400×2
・ケースキット:ノーブランド アルミ製                  \5,580×1
・ボリューム:コスモス2連ボリューム RV30YG 100kΩ A(中古)   \1,200×1
・スピーカーターミナル:ノーブランド(2個1組)                      \700×1
・RCAジャック:フォルテシモオーディオ CA-GOT(2個1組)     \1,060×1
・端子台:サトーパーツ ML-3391-3P                    \200×1
・シャーシ基板用貼付ボス:タカチ T-600(10個入)           \538×1
・内部電源ケーブル:ダイエイ 平行 50芯 70cm           \86×1
・内部スピーカーケーブル:BELDEN 8460 1m                           \210×1
・内部シールドケーブル:ノーブランド2芯シールド 3.8mm径×1m \280×1
・AC電源コード:ノーブランド                             \200×1
・丸型圧着端子:少々
・熱収縮チューブ:少々 
・ビス:M3サイズ 少々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

2015新春

Dsc_0275新年おめでとうございます。

すっかりご無沙汰しておりますが、今年もよろしくお願いします。

Photo in Fuji City 2014/01/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

ThinkPad Z61tのカスタマイズ

某オークションで2100円で入手したThinkPad Z61tのカスタマイズ記録です。久しぶりに秋葉原ジャンク屋に出掛けたり、通販で諸々揃えたりして楽しみました。

Dscf0540・新品A-DATA ASX900S3-128GM(Amazon \8218)
SSD化は過去に何度かチャレンジしていますが、換装直後は速く感じるものの、どうしてもプチフリに我慢できず、次第に避けてきました。それから数年、現在の性能がどれほどになったか知りたいというのもあります。


Dscf0543・中古Z60-61t用バッテりー(QC-PASS \400)
・中古Core2Duo T5500(ラブロス \980)
秋葉原の老舗ジャンク屋はまだまだがんばっておりました。

Dscf0544 でもって、サクッとCPUを交換しております。
CoreDuoT2300→Core2DuoT5500
結果はベンチマークでもあまり変わらず。自己満足の世界です。

Dscf0545_3 ・新品ハッピークロイツ 4D カーボン調シートHK021(Amazon \780)
仕上げはやっぱりコレ。従来のダイノックタイプのつやなし凸凹表面に対し、この4Dタイプはつるっとしていて光沢があり、これはこれで面白い。

Z61t_performance 結論:7年前の古いマシンですが、Core2Duo+SSDは充分に実用に耐えます。起動終了が速いので、寝床マシンとすることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

ダイヤモンド富士

Dscf0537 明けましておめでとうございます。
まるで進歩のないブログですが、その時の自分のお気に入りを紹介していきたいと思います。

今年最初のヒットはごらんの地元のサブレ。鎌倉の某洋菓子よりもおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

早朝サイクリング横浜(2013/07/15)

久しぶりに横浜に出かけました。Dscf0514

スタート:神奈川新町(京浜急行)
ゴール:南太田(京浜急行)
天気:くもり
走行距離:12.9Km

7:00にみなとみらい到着。ジョギングしている人数名。

Dscf0517 赤レンガ倉庫にも誰もいません。これから観光客がわんさか来るんだろうな。

Dscf0522 本日の目的地としたのはここ。「大原隧道」といいます。入口のレンガ造りが重圧感あります。

Dscf0524長さ250mほどで、中はこうなっております。
とってもひんやりして文字通りクールです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«カーボン柄シートでPCドレスアップ